モデルハウスを考える

住宅展示場のモデルハウスに関する注意点

注文住宅が欲しいと決めて住宅建築を考えた場合に訪れるのが総合住宅展示場です。住宅展示場では複数の建築会社の注文住宅を見ながら複数の建築会社と商談を行うことができるのです。こうした展示場を訪れる人の中にはほとんど住宅建築に関する知識をつけずに展示場を訪れる人も少なくありません。しかしこうした住宅展示場に展示してあるモデルハウスはどれも豪華な設備やオプションがたくさんついているものがほとんどです。複数の建築会社が集まっている中で自社に関心を持ってもらうためにはより豪華で魅力のあるものを見せなければなりません。中にはその建築会社の平均建築額の倍以上するモデルハウスを建築している会社も少なくありません。注文住宅で住宅を建築する場合こだわれば価格はどこまでも上昇します。こうした豪華なモデルハウスを見ることもマイホームを持つということをイメージするには重要かもしれませんが、実際に生活する住宅を考える際にはあまり参考にならないのです。

モデルハウスよりも実際の住宅の見学を

住宅展示場や現場のモデルハウスは見せるための住宅です。ですから設備も豪華にしてありますし、家具なども豪華に費用をかけたものが配置されている住宅もたくさんあります。ですから注文住宅を建築する建築会社を探す際にはこうしたモデルハウスを見るのもよいですが、実際に建築主がいる工事中の現場や完成した現場をいくつか見せてもらうことです。豪華なモデルハウスに憧れてその建築会社で購入したけど実際に立っている家は普通の住宅という会社もあります。そうした失敗をしないためにも実際にお金を払って建てている人の家を見せてもらうのです。更に建築主が住んでいる住宅が見せてもらえればなおよいです。少なくてもその建築主は建築会社に満足してその建築会社の住宅を勧めているといえるからです。このように見せてもらえる住宅が多い建築会社は顧客と良い関係が築けていると判断できるのです。

▲TOPへ▲