デザイン住宅を考える

デザイン住宅の特徴とは

デザイン住宅という言葉を聞いたことがある人も多いと思います。デザイン住宅とは、デザインに特化した住宅のことで、住宅の専門デザイナーが住宅の内装や外観をデザインしていきます。 デザインの重要性は、一見しただけで価値がわかってしまうことです。「使ってみてからわかる良さ」とは対極に位置するものです。 そのおかげか昔からデザイン住宅の価値は高く、割と高値でも建築をしたいという人が不況の時代にもたくさんいるのです。 では、デザイン住宅のメリットは何でしょうか。一番に挙げられるのは優れたデザインの住宅に住むことができるということです。 また、狭小地や癖のある土地に住宅を建てる際も柔軟な形が対応できるデザイン住宅が有利とされています。

そのデメリットを知っておこう

デザイン住宅住宅は人気があるといってもメリットばかりではありません。そこにはデメリットも当然存在するのです。 まず、価格についてです。デザイン重視に凝ってしまうとどうしてもこだわりを前面に出した住宅を造りたくなってきます。その時にあれもこれもとなんでも住宅に反映させようとすると予定した予算をはるかに超えて、通常の住宅2棟分の価格になってしまうということもあります。 価格以外では、そのデザインについて、デザイナーと依頼主の間に意見の対立が見られることがあるのです。 デザイナーにはデザイナーのこだわりがあるため。いくら依頼主のいうことでも引き受けられないということが起こり得ます。それを避けるためにはできるだけ自分のセンスに近いデザイナーを選ぶのも重要なことです。

▲TOPへ▲